シマトネリコの移植

DSC00205

 

エクステリア外構や庭園リフォーム工事の際、せっかく元気に育っている樹木を伐採したり、撤去したりしないといけなくなる事がよくあります。お客様の快適な暮らしのためには、いたしかたないのかも知れませんが、、、。ここのお宅でも外壁や門壁を新たに作り直すにあたって、どうしても既存の大きな株立ちのシマトネリコがじゃまになりました。玄関ポーチのすぐ前、お隣さんとの境界フェンスにひっつく形で植わっていました。それもガス管、給水管、汚水の排水管が密集した真上にです。たまたま引き取り手があったので、配管や木の根っこを痛めないように手作業で根巻きし、結局一日がかりで別の場所へ移植しました。庭木やエクステリアの骨格になるグリーンとして、今もっとも多く使われている常緑樹ですが、成長すると10メートルを超す高木です。樹冠が広がっても大丈夫な場所、根が張っても大丈夫な場所に植えて、長く楽しめるようにしたいですね。エクステリア外構デザインに植栽工事はつきもの。同じく庭園デザインにも外構工事はついてまわります。エルソルはお家の外周りのトータルプランナーとして、これからも庭園、外構双方の知識と技術の向上につとめます。

 

メールでのお問い合わせ
SHARE
Facebook Twitter Google+

植栽エクステリア

2015年2月12日