エクステリアデザインは、模型を作って確認

s_P1030583

最近よくエクステリアデザインの模型をつくります。感じのいいカラフルでゴージャスなパースもいいですが、模型の何よりの利点は臨場感です。プランを依頼されて毎回いろいろな考えやアイデアを思い巡らすのですが、どうしてもいろんな事が気になり出し、簡単な真っ白の模型を結局作ります。手間はかかりますが、お客様もいろんな想像が膨らんで喜んでいただけます。「ここに花壇が欲しい!」とか、「ここに少し座れる場所があればいいね!」等々。作り方によっては、リビングからの眺めとか、道路から部屋がどれぐらい見えるのかとか、そんな事もわかります。

もちろん実際のエクステリア工事にも役に立っています。工程やいろんな場所の納まりを前もって把握しておいたり、職人との打合せで模型を使って説明したり、、、。でもやっぱり模型を作る一番の理由は全体的なバランスというか、雰囲気とか空気です。シンボルツリーの場所や全体の緑のボリュームもわかるので。あまり柄や色をつけないのもそんな理由からですが、、、。

車の出し入れ、玄関までの導線、休日に過ごすプライベートな空間。エクステリアデザインはそこに住まわれる方の毎日の生活そのものです。ひとつも悔いの残らないプランを毎回心掛けたいですね。

大阪、京都、神戸のエクステリアデザイン

メールでのお問い合わせ
SHARE
Facebook Twitter Google+

エクステリア

2015年7月23日