屋上庭園レポート(プランター植栽)

s_P1030815

そこそこしっかり雨が降る中、屋上庭園の植え込み作業を行ないました。何十年のお付き合いになるガーデナーさんにも手伝っていただき、無事に完了しました。酷暑も去り、これからまた植物が良く成育する季節になるので、これからの成長が楽しみです。大がかりな盛り土工法ではなく、大型のプランターを使った、これぞコンテナガーデンです。コンテナの高さが50cm程あるので、小さめの樹木でもある程度の高さを出せるので、写真のように外からの視線が気になるような場所でもかなりの目隠し効果を発揮してくれています。

 

s_P1030797

 

屋上ガーデンの植栽ではよく、泥水で屋上を汚したり、ドレインが詰まったりといったようなことを聞きますが、写真のコンテナの内側は全て透水性のシート張り仕上げになっているので、たっぷり水やりをしても、どしゃ降りの雨が降っても、底穴や木の隙間から土が流れ出ない構造になっています。これは小さなプラスチックプランターやテラコッタの鉢にも応用できますので、また詳しくご紹介させていただきます。

次はいよいよダイニングテーブルやソファ、パーゴラのシェードの取付けです。お楽しみに!

大阪で屋上庭園のデザイン・施工はエルソル

 

 

メールでのお問い合わせ