エクステリア外構工事(豊中市)

s_P1030833

 

今月また新築のエクステリア工事が豊中ではじまりました。階段やアプローチタイルの割り付けにはいつも苦労します。どうすれば歩きやすいか、自転車がスムーズに停められるか、、、。既存の玄関ポーチとの関連性や見た目の美しさにもこだわり、段づけやタイルの割り付けには細心の注意をはらっています。境界道路からあまり距離のないアプローチでも、高さやボリュームの違う壁をあしらい、できるだけ立体感のあるエクステリアに仕上げる事で、建物に負けないぐらい存在感のある外構ができるのでは、、、。そんな考えで、エルソルでは最初からあまり細かい色柄にはとらわれず、機能的で使いやすく、長く愛されるエクステリア外構をめざして日々現場監理にはげんでおります。

もちろん得意分野の植栽デザインにも力をいれてます。メインの門壁、建物側の少し高さをおさえた袖壁の前にもそれぞれ植栽桝を設けており、これから施主様と樹木や宿根草の打合せを行うところです。常緑や落葉にはこだわりませんが、限られた環境で建物が綺麗に見えて、なおかつ緑の空間を楽しんでいただける手間のかからないデザインで、道行く人にも心地の良い緑あふれるエクステリア外構をこれからも目指し続けます。

豊中でエクステリアならエルソル

メールでのお問い合わせ
SHARE
Facebook Twitter Google+

植栽エクステリア

2015年9月16日